注目ブランド / 梱包材 / 引越 / 発送 / 梱包 / エアクッション / エアパッキン / エアーキャップ / エアキャップ / ロール / ぷちぷち 川上産業( 10巻 コアレス【d36】1200mm×42M プチプチ 【予約販売】 緩衝材 ) 原反 / 梱包資材 / 包装資材 /-エアキャップ








【注意事項】予約販売(5月中旬発送予定:延期あり)





梱包資材の定番 プチプチ ぷちぷち
( エアキャップ エアパッキン エアクッション )

みなさまにご愛用いただいております川上産業の人気定番商品!
環境にも配慮した新タイプの一般梱包用プチプチ緩衝材です。
プチプチが、あらゆる包装対象物をやさしくまもります。
透明なので包装したまま内容物を確認することができます。
一般的な包装用緩衝材として商品発送や引越梱包など
幅広い用途にご使用頂けます。

【商品情報】
・メーカー:川上産業
・品名:プチプチ (ダイエットプチ)
・品番:d36
・寸法:幅1200mm×巻42M
・粒径:φ10mm
・粒高:3.5mm
・仕様:2層 / コアレス(紙管なし) / ロール品
・入数:10本



〜セット販売や他の寸法などご用意しております〜

数量から選ぶ( 〜 本セット)

品番から選ぶ(数字が大きいほど高強度)

〜材質見本の手配や特注品を御見積いたします〜

粒の大きさ・硬さ・透明度・仕様など材質確認をご希望の方

寸法変更・特殊加工(袋・カット)など特別仕様をご希望の方

関連キーワード : プチプチ ぷちぷち 川上産業 エアセルマット 和泉 ミナパック 酒井化学 ロール スリット 原反 1200 300mm 400mm 600mm 1200mm 42m 42M 2層 二層 3層 三層 セット 1本 5本 10本 1巻 5巻 10巻 エアキャップ エアーキャップ エアパッキン エアーパッキン キャプロン エアクッション エアークッション エアピロ えあぴろ AMX2 ASV3 d35 d36 d37 d38 d40 d42 d37L d40L d42L P-d37L B-d37L ZU-80 ZU-90 ZU-100 ♯400SS #401SS #401S #36 #37 #20 #60 #78 #80 発送 引越 引っ越し 引越し 梱包 梱包材 梱包資材 包装 包装資材 緩衝材 帯電防止 静電防止 静電気防止 静防プチ 大粒 小粒 断熱 養生 保護



記事全文

注目ブランド / 梱包材 / 引越 / 発送 / 梱包 / エアクッション / エアパッキン / エアーキャップ / エアキャップ / ロール / ぷちぷち 川上産業( 10巻 コアレス【d36】1200mm×42M プチプチ 【予約販売】 緩衝材 ) 原反 / 梱包資材 / 包装資材 /-エアキャップ

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【送料無料】アライドテレシス 4227R UTP5eX-100G UTPケーブル【在庫目安:お取り寄せ】。[さらに詳しく

注目ブランド / 梱包材 / 引越 / 発送 / 梱包 / エアクッション / エアパッキン / エアーキャップ / エアキャップ / ロール / ぷちぷち 川上産業( 10巻 コアレス【d36】1200mm×42M プチプチ 【予約販売】 緩衝材 ) 原反 / 梱包資材 / 包装資材 /-エアキャップ

225/50R17 98W XL MAXTREK マックストレック MAXIMUS M1 マキシマス エムワン FINALSPEED GR-Γ ファイナルスピード GRガンマ サマータイヤホイール4本セット記事全文

注目ブランド / 梱包材 / 引越 / 発送 / 梱包 / エアクッション / エアパッキン / エアーキャップ / エアキャップ / ロール / ぷちぷち 川上産業( 10巻 コアレス【d36】1200mm×42M プチプチ 【予約販売】 緩衝材 ) 原反 / 梱包資材 / 包装資材 /-エアキャップ

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

注目ブランド / 梱包材 / 引越 / 発送 / 梱包 / エアクッション / エアパッキン / エアーキャップ / エアキャップ / ロール / ぷちぷち 川上産業( 10巻 コアレス【d36】1200mm×42M プチプチ 【予約販売】 緩衝材 ) 原反 / 梱包資材 / 包装資材 /-エアキャップ

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文