【在庫一掃】 SOTO ソト MUKAストーブ+フューエルボトル+スライドガストーチ ガソリン] [シングルバーナー [DG] SOD-371 オリジナルセット-キャンプ用バーナー









プレヒート(予熱作業)のいらないガソリンストーブ「MUKAストーブ」と燃料ボトル「広口フューエルボトル 700ml」、火口がのびる小型耐風バーナー「スライドガストーチ」をセットにした、ソトソトデイズオリジナルセット。

特長

MUKAストーブ SOD-371
ガソリンストーブならではの高火力(4,000kcal/h)や寒さに対する強さは残しながら、ガスストーブのようにプレヒートなしで使える扱いやすさを兼ね備えています。
また、旅先で入手しやすく、ランニングコストも安価な自動車用レギュラーガソリンをメインとしてお使いいただけるのも魅力。数々の権威あるアウトドア賞を受賞しているモデルです。

広口フューエルボトル 700ml SOD-700-07
燃料の注入がしやすく、ボトル内部の洗浄もしやすい広口サイズのボトルです。

スライドガストーチ ST-480
火口がのびる小型耐風バーナー。使用時は伸ばして安全に、収納は縮めてコンパクトに。
炎温度1300℃の強力耐風バーナーが、アウトドアシーンをバックアップ!さまざまなものに安全着火。
燃料は充てん式。経済的なカセットガスの他、ライターガスも使用できます。

仕様

■セット内容
MUKAストーブ SOD-371
広口フューエルボトル 700ml SOD-700-07
スライドガストーチ ST-480

MUKAストーブ SOD-371
●本体サイズ:幅135×奥行135×高さ80mm
●本体収納サイズ:幅80×奥行65×高さ80mm
●重量:333g
●発熱量:4.7kW(4,000kcal/h)※1
●使用燃料:自動車用レギュラーガソリン(自動車用ハイオクガソリンは使用できません)、ホワイトガソリン
●使用時間:4,000kcal/hで使用時約1時間、2,500kcal/hで使用時約1.5時間(自動車用ガソリン480ml使用)※2
●材質:バーナー:アルミダイキャスト、ゴトク・スタビライザー:ステンレス、ポンプ本体・ダイヤル:アルミ、ポンプハンドル:真鍮(ニッケルメッキ)、ホース:フッ素ゴム(中)・ステンレス(外)、ピストンシリンダー:アルミ
●付属品:専用収納ケース、風防、しゃ熱板、メンテナンスキット
※燃料ボトルは別売りです
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出

広口フューエルボトル 700ml SOD-700-07
●寸法:直径74×高さ220mm(キャップ含む)
●重量:146g
●容量:480ml(ボトル容量700ml)
●材質:本体/アルミ、キャップ/樹脂

スライドガストーチ ST-480
●寸法:幅35×奥行18×高さ110~185mm
●重量:55g
●火口径:直径14mm
●炎温度:1300℃
●炎サイズ:直径3×15mm
●炎形状:極細集中炎
●燃焼時間:約15分(ST-760使用時)
●連続使用時間:1分以内
●使用燃料(充てん式):経済的なカセットガス、ライター用ガス
※この商品は「千葉県」から出荷します。 [記事全文

【在庫一掃】 SOTO ソト MUKAストーブ+フューエルボトル+スライドガストーチ ガソリン] [シングルバーナー [DG] SOD-371 オリジナルセット-キャンプ用バーナー

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【30セット】 手桶/湯おけ 【プラチナホワイト】 材質:PP すべり止め付き 『AGラスレウ゛ィーヌ』【代引不可】 生活用品・インテリア・雑貨 バス用品・入浴剤 その他の風呂用品・入浴剤 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント。[さらに詳しく

【在庫一掃】 SOTO ソト MUKAストーブ+フューエルボトル+スライドガストーチ ガソリン] [シングルバーナー [DG] SOD-371 オリジナルセット-キャンプ用バーナー

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【在庫一掃】 SOTO ソト MUKAストーブ+フューエルボトル+スライドガストーチ ガソリン] [シングルバーナー [DG] SOD-371 オリジナルセット-キャンプ用バーナー

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文