大人の上質 DSC-WX500/W 【送料無料】SONY(VAIO) デジタルスチルカメラ ホワイト【在庫目安:僅少】 光学x30) (1820万画素CMOS/ WX500 Cyber-shot-コンパクトデジタルカメラ






デジタルスチルカメラ Cyber-shot WX500 (1820万画素CMOS/光学x30) ホワイト

有効1820万画素 裏面照射型CMOSセンサー搭載。光学30倍、全画素超解像ズーム60倍。ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ採用。画像処理エンジン BIONZ X搭載。フルHD動画(1920×1080/60P)対応。3.0型180°可動式液晶(921kドット)モニタ。Wi-Fi/NFC対応。4K静止画出力対応。

詳細スペック

  • 有効画素数1820万画素
  • 記録媒体メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックマイクロ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I対応)、microSDメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDXCメモリーカード
  • 撮影枚数40000
  • 光学ズーム機能あり
  • 光学ズーム倍率30倍
  • デジタルズーム倍率459倍
  • シャッターおまかせオート(4-1/2、000秒)/プログラムオート(1-1/2、000秒)/マニュアル(30-1/2、000秒)/A優先(8-1/2、000秒)/S優先(30-1/2、000秒)
  • レンズ構成10群11枚(非球面レンズ5枚)
  • 焦点調節約5cm-∞
  • 露出制御
  • 露出補正±3.0EV、1/3EVステップ
  • ストロボ自動/強制発光/スローシンクロ/後幕シンクロ/発光禁止
  • セルフタイマー10秒/5秒/2秒/連続セルフタイマー(10秒後3枚/5秒後3枚/2秒後3枚)
  • モニタタイプ3.0型(4:3)/エクストラファイン液晶/TFTLCD
  • モニタ解像度921、600ドット
  • データ圧縮方法(静止画)JPEG(DCFVer.2.0、ExifVer.2.3、MPFBaseline準拠)
  • 動画機能あり+約20時間10分
  • データ圧縮方法(動画)XAVCS、AVCHD規格Ver.2.0準拠、MP4
  • インターフェースマルチ/マイクロUSB端子、Hi-SpeedUSB(USB2.0対応)、HDMIマイクロ端子
  • 同梱品リチャージャブルバッテリーパックNP-BX1、ACアダプターAC-UB10C/UB10D、マイクロUSBケーブル、リストストラップ、取扱説明書
  • 標準駆動時間75分
  • 最大駆動時間110分
  • 標準電源バッテリー
  • 拡張電源ACアダプター
  • 本体カラーホワイト
  • 本体重量209g
  • 本体サイズ(H)58mm
  • 本体サイズ(W)101mm
  • 本体サイズ(D)35mm
  • 電気用品安全法(本体)非対象
  • 電気用品安全法(付属品等)適合/例外承認
  • 電気用品安全法(備考)ACアダプター、バッテリーパック
記事全文

大人の上質 DSC-WX500/W 【送料無料】SONY(VAIO) デジタルスチルカメラ ホワイト【在庫目安:僅少】 光学x30) (1820万画素CMOS/ WX500 Cyber-shot-コンパクトデジタルカメラ

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【送料無料】朝日木材加工 LT-A960 ホームシアターTVスタンド 32~42V用【在庫目安:お取り寄せ】| AV機器 AVラック ラック 台 テレビ AVボード TV。[さらに詳しく

大人の上質 DSC-WX500/W 【送料無料】SONY(VAIO) デジタルスチルカメラ ホワイト【在庫目安:僅少】 光学x30) (1820万画素CMOS/ WX500 Cyber-shot-コンパクトデジタルカメラ

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

大人の上質 DSC-WX500/W 【送料無料】SONY(VAIO) デジタルスチルカメラ ホワイト【在庫目安:僅少】 光学x30) (1820万画素CMOS/ WX500 Cyber-shot-コンパクトデジタルカメラ

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文